■一般財団法人北海道運輸交通研究センターのあゆみ                                             

@ 1973(S48)年6月 「北海道物流合理化協会」の発足

    関係官庁、団体・企業のご支援を得ながら物流問題の調査研究を続ける。


A 1986(S61)年4月   北海道運輸局長の許可を得て「財団法人北海道物流システム
        開発研究センター」の設立

       「北海道物流合理化協会」を母体に、法人格を許可され、「物的流通に関する総合的な調査研究機関」として活動を続ける。


B 2003(H15)年7月 北海道運輸局長の認可を得て「財団法人北海道運輸交通研究
        センター」と法人名称を改称し発足       

        前法人の「物的流通の総合研究調査機関」から「運輸交通(物流、交通及び観光)全般の総合的な調査研究機関」として活動を始める。


C 2012(H24)年7月 事業に「運輸交通(環境整備)に関する物品の開発及び販売」
        を追加し活動領域を広める。       

      30余年の歴史とその間にお世話になった大学の先生、ご支援頂いた役員・評議員、賛助会員、調査研究にお力添えを頂いた数多くの個人、企業、団体そしてご指導下さった北海道運輸局の皆さん厚くお礼を申し上げると共に、今後はこれら人的な繋がりを大切にし、質の高い調査研究を続けてまいります。 

Welcome to Our HOTRec
Home
事業内容
あゆみ
法人案内
最新情報
会員様統計情報

フェロー制度の確立   

大学の先生方を中心に、当センターの非常勤研究員になって頂き、ご指導を仰ぎ
ながら調査研究事業を進めてまいります。

賛助会員を募集

   当センターでは、賛助会員制度を設けてご加入をお待ちしています。

 ご賛同頂いた個人、企業、団体にご加入頂き、ご支援を頂いています。内容についてお知りになりたい方は、ご連絡頂ければ幸いです。